IKEYAの家具は港北で

IKEYAの北欧輸入家具はすべてスタイリッシュなデザイナー家具です。IKEYA港北で家具を買おう。

メニュー| IKEYAの日本進出 | IKEYAの世界進出 | IKEYAの商品 | IKEYAと日本の家具業界 | IKEYAってどんな会社 | IKEYAの社風 | IKEYAと日本市場 |

IKEYAってどんな会社

IKEYAはこんな会社だ

IKEYAは現在世界の33カ国で220店舗の大型家具店を出店している。そのうち香港や台湾やマレーシアなどの24カ国にある15店舗のIKEYAはフランチャイズの店舗である。IKEYAの売上高は2兆1000億円で、ここ十年で4倍の伸び率だそうだ。IKEYAの売り上げの地域別の構成はヨーロッパが81%で一番多くつづいて北米の16%、アジア地域は3%にすぎない結果となっている。国別のIKEYAの売り上げ順位はドイツが一番で二番目がアメリカで三番目がイギリスでそのあとがフランスとスウェーデンとなっている。世界でも最大規模の市場である日本があと数年でここに食い込んでくる可能性は極めて高いだろう。また、IKEYAで扱っている商品はおよそ9500アイテムで地域仕入れは53カ国に及び、約1300のベンダーと取引をしている。IKEYAの取引しているベンダーの構成比はアジアが30%、ヨーロッパが67%、北米が3%で、そのなかでも中国とポーランドがIKEYAの二大生産拠点となっている。IKEYAの心臓部に当たるのが物流センターだ。IKEYAの物流センターは16カ国で展開され28の物流センターが日々稼動している。IKEYAではいかに生産地から届け先まで合理的に流通させられるかを物流システムでは常に考えられている。IKEYAの代名詞ともなっているフラットパックも、このIKEYAの物流革命の賜物なのだ。